便秘の原因は油分不足かもしれない

意外かと思われるかもしれませんが、油分が不足して便秘になることもあります。 ダイエット中など、油抜きの食事で便秘になったことなど心当たりがないでしょうか。 油を制限しすぎることで、腸内で便の滑りが悪くなり便秘になってしまうということもあります。 だからといって、油をたくさん摂ればいいわけではありません。 特に、動物性の脂質の摂り過ぎは腸内の悪玉菌を増やす原因にもなり便秘にも良くないので、植物性のオイルをおすすめします。 その中でも、オメガ3脂肪酸といわれる不足しがちな脂肪酸が含まれるオイルを摂れば、便秘解消以外のメリットもたくさんあります。 有名なのは、アマニ油です。 アマニ油は、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病も予防してくれる効果も期待できるので、便秘解消と一石二鳥です。 加熱してしまうと効果が薄れてしまうので、加熱せずに1日小さじ1杯ぐらいを摂るのがいいようです。 もちろん、多くとったからと言って効果が倍増するものでもないので、注意してください。

油抜きは便秘になる

やせるために油抜きダイエットをしていませんか。脂質はカロリーが高くカロリーを摂りすぎれば太りますが、油を抜くと便秘になることがあります。 油には便の滑りをよくする働きがあります。油が多い中華料理を食べた後、便通がよくなった経験がある方もいるのではないでしょうか。油抜きをすると便がパサパサで滑りが悪くなり、便の移動がスムーズにできず便秘になることがあります。 適度に油を摂ることで便の滑りがよくなり便秘解消が期待できますが、どんな油でもよいわけではありません。 便秘解消によいのがオリーブオイルです。オリーブオイルにはオレイン酸が豊富に含まれています。オレイン酸は吸収されにくい性質があり、大腸にまで届いて便通をよくします。 便秘解消には一度に大さじ1~2杯程度摂取することが目安です。一度に大量に摂ることがポイントです。何かに混ぜて摂るのではなく、油だけを飲んだ方が便通がよくなります。飲みにくい場合ははちみつに混ぜるとよいでしょう。

美味しいお茶でスッキリ!便秘解消

お茶で便秘が解消されたと言う話を聞き、詳しく聞いてみました。私はお茶が好きなので、もしお茶によって便秘が解消されるなら最高だなと思い、そのお茶を買ってみました。12種類のハーブが配合されているのですが、私はハーブティーが好きなので嬉しいなと思いました。 スッキリした味で飽きない味だったので、これなら毎日続けることができると思いました。冷え性なのですが身体がいつもポカポカ温かくなるようになり、また、飲み始めて一週間ぐらい経つと、毎日お通じがあるようになりホっとしました。 腸内環境が良くなっていると日々実感しています。無理やりではなくて自然にスッキリできるって一番良いですよね。今まで不規則な生活をしたり、乱れた食生活をしていたのでそれを反省し、規則正しい生活をするようにしました。 また、適度な運動は便秘解消につながるので、朝と夕方に少しウォーキングをしたり、ストレッチをするようになりました。この生活を続けていると便秘をしなくなりました。

スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー スルッティー

このページの先頭へ